_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~矯正専門医師のご紹介~

横川真帆(よこがわ・まほ)
歯科医師・日本矯正歯科学会認定医

日本大学歯学部卒
日本矯正歯科学会会員
東京矯正歯科学会会員

矯正担当の横川です。
高知県出身、B型、おとめ座です。
趣味は映画観賞、ときどき溶岩浴ヨガで体を動かします。

矯正治療は、お子様(乳歯の方や永久歯に生えかわる途中の方)と、
大人(すべて永久歯の方)とでは、治療方法が異なります。
『いつから始めて良いのか分からない』、
『費用がいくらかかるのか心配』、と言った声をよく耳にします。
治療を始める時期、使う装置は人によって様々です。
その方に合った治療方法をご提案出来ればと考えています。

本医院で提供している矯正装置の種類は、
プレオルソ(マウスピースタイプ・取り外し可能)、
床型矯正装置(取り外し可能)、固定装置各種(取り外し不可)、
メタルブラケット、クリアブラケット、インビザラインです。
お子様の前歯が重なって生えてきた、まわりの人が矯正治療を始めた、
など気になる事がございましたら、お気軽にご相談下さい。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~院長より ひとこと~

こんにちは、いそがわです。
横川先生は、同じ日大の後輩になるのですが、とても優しく、治療の丁寧なドクターです。
学会に所属し、認定医も併せ持つ 矯正歯科治療のスペシャリストです。
なんでも、ご相談くださいね。

同窓なので、修学内容や考え方も近く、絶えず連携を取って、診療に臨んでいます。
当院の特長にもなるのですが、
同一院内で、矯正専門医と一般診療医が連携して診させていただくので、
矯正治療中の虫歯や歯周病等、早期発見、早期治療が可能です。

結果として、
よりよい矯正歯科治療(できるだけ短い期間で、極力費用を抑え、きれいな歯並び等)
よりよい一般歯科治療(矯正歯科中の矯正以外のすべての治療がスムーズ)が、可能になると考えています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

矯正歯科治療は、歯をあごの骨のなかで 少しずつ動かしたり、あごを良い方向に 動かしたりして、
正しい きれいな歯並びや 噛み合わせを作る治療になります。

しかし、ただ単に 「歯並びをきれいにすること」が 矯正歯科治療の目的ではありません。
歯並びは、
噛みあわせ(食物を噛み切り、砕き、消化を助ける等)と
審美(対人関係、発音、コンプレックス等)に大きく影響します。

歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健全な身体と心をつくる為の治療が、
矯正歯科治療になります。

歯並びがずれてしまうと、
■歯並びの問題と 身体の健康
歯並びがずれてしまうと、歯に歯垢がたまりやすくなり、また歯ブラシも届きにくくなります。
歯垢は虫歯や歯周病の原因となります

■ただしい発音が できない
奥歯を噛みしめてたときに 前が開いてしまう 「開咬」 は、
「サシスセソ」 などの摩擦音が出しにくくなり、
英語などの場合は、大きな 障害になりやすくなります。

■咀嚼に 障害がおきやすい
食べ物を うまく噛み砕くことが出来ないので、栄養摂取の効率が悪くなり、胃腸をこわすことにもなります。

■顎の病気を起こしやすい(顎関節症)
口が開きずらかったり、顎の関節で音がする、口を開けた時に顎の関節の周りが痛むなど起きやすくなります。

■顎の成長がうまくいかない
顎の成長に問題が出る(成長が進まなかったり、進みすぎたり)  まれに顔つきにも異常が出てしまうこともあります。

■コンプレックスになりやすい
大きな口を開けて 笑うことや話すことに 引け目を感じてしまう場合があります。


 


矯正の流れ

1、初診             歯並びなど矯正治療について気になるところをご相談ください
2、精密検査          レントゲン写真を撮り歯型取り
3、診療             治療方法、装置、期間、費用の説明レントゲン写真などを
                  分析しながら治療計画の説明をいたします。
4、治療開始          場合によっては抜歯なども行いながら装置を装着します
5、治療終了          治した噛み合わせを維持するために、保定装置を使用します


歯科矯正中の生活のしかた

矯正治療には、長い時間がかかります。 
その間に 虫歯になってはもったいない話です。
ブラケットや針金の装置の場合は、食べカスや歯垢がたまりやすくなっているので、
いつもより丁寧に磨いてください。
食事の際は、硬いものをかじるときは注意しましょう。
硬めのものは、小さくして食べるとよいでしょう。
餅、粘っこい食べ物、繊維の多い野菜類は、装置に くっつきやすいので 気をつけましょう。


 

Copyright © 2018.kajigayaplaza dental clinic All Rights Reserved.